ウケる編(サービス精神その2)

今回は「間」を意識して笑ってもらう方法をご紹介します。





「間」とは、話と話の間の時間です。

Aさんの話とBさんの話の間の時間だったり、
Aさんの1という話と2という話の間だったり、
Aさんの1という言葉と1’という言葉の間だったり。



この間を意識すると会話をコントロール出来ます。

例えばあえて長い間をとることで、
盛り下げたり、

ちょっと話している時に間をつくることで、
相手への振りを作ったりです。


そして、「間」の意味を理解すると、
間で笑いをとることも可能になってきます。



間には意味があります。


例えば「おいしい?」と聞かれた時に、

「おいしい」
と答えるのと、
「、、、おいしい」

と答えるのでは真逆の意味になりますよね(笑)


このように間には意味があります。

この意味と、リズムを利用することで、
間で笑いが取れます。


例えば

「こんばんは森進一です」

とかなり渋めのモノマネをかましてきたAさんに対して

「似てるー」

と答えるときに、
間を意識すると笑いになります。


このあたり、文章ではお伝えしづらいですが、
動画で詳しく解説していますので、よろしければ御覧ください。


また、

間は、落語や漫才を見ることで、
学習することができるので、
移動時間などに音声で聞いてみるのもいいでしょう。


Leave a Comment