サービス精神(笑い) 未分類

ウケる編(サービス精神その3)

投稿日:

今回は笑いをとるためのテクニックをご紹介します。





笑いをとるためのテクニックは
多くの書籍で紹介され、
たくさんのテクニックが存在します。


しかし、現時的に日常生活で使用するためには、
使いやすいテクニックを2,3個しっかりと覚えておく方が良いです。

たくさん覚えても使えないし、
2,3覚えてあとは原理原則を知っておけば
応用できるからです。

原理について別途動画で解説しています。


現実的に使いやすいテクニックとしては、

・勘違い
・デフォルメ
・内心の暴露
・スカシ
・下ネタ

があります。


具体例については動画で
詳しく解説していますので、
ここでは、それぞれ簡単にご紹介します。


・勘違いとは、
あえて勘違い発言をしたり、場違いな行動をとることです。

すっとぼけた発言、行動をとるわけです。

これには、「勘違いしている」という演技力があるといいです。

ただし、確実に会話のリズムを崩すので、
使い方には気を付けます。


・デフォルメとは、
誇張した表現をすることです。

明らかな嘘をつくこととも言えます。

・内心の暴露とは、
言葉に出していうべきでないことをサラッということです。



・スカシとは
あえてそっけないリアクションのをとることです。


・下ネタとは
常識的に下品と考えられていることをあえて言うことです。

TPOに気をつけて、
自分を蔑む形で使うと受け入れられやすいですし、
ウケやすいです。


どれも比較的使いやすいテクニックなので、
是非つかってみてください。

会話にユーモアが含まれます。

-サービス精神(笑い), 未分類

Copyright© マーケティングヒーローズ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.